ポイント

デリヘルは短時間で高収入が得られるバイトとなっています。
デリヘルは完全歩合制の日払いシステムとなっています。
接客回数が多ければ多い分、それに伴い収入も増えていきます。逆に接客回数が少なかった場合は、それなりの収入となってしまいます。
接客回数を増やすポイントとしては、まず名前を覚えてもらい、指名を取ることになります。
指名料は、そのまま取り分となって支給されるので、高収入が得られる1つの方法となります。
次に、出勤する時間帯となります。
デリヘルは、店舗を構えていない営業となるので、営業時間も深い時間まで可能なものとなっています。
ソープランドやファッションヘルス、性

高収入が得られるデリヘルは、多くの男性客に利用されている風俗業種となっています。
接客回数を重ねれば重ねるほど、より高収入が得られる内容となっています。

接客回数を重ねるにおいて、注意するべき点となるのが、性病予防となります。
プレイをする前は、イソジンでうがいをし、しっかりと口の中を除菌してからサービスを行う必要があります。
イソジンなどのうがい薬は、やりすぎると免疫力がついてしまって反対に効かなくなってしまうので、適度に使用していきます。

また、フェラチオなどを行う際は、必ずコンドームを装着させてから行うようにします。
性病は口からも感染するものとなっているので、コンドームは性病予防の必需品となります。

これらの性病予防をしておかないと、クラミジアや梅毒、毛じらみ、性器ヘルペス、性器カンジタ、淋菌感染症などの性病を引き起こしてしまいます。
この中でもクラミジアという性病は、ここ数年で急増している性病となっており、特に注意するべき病気となっています。
クラミジアは、10代から40代まで幅広い年齢層に感染している性病となっており、キャリアを増やし続けている性病となっています。

デリヘルに限らず、性風俗業界でバイトをする際は、しっかりと性病予防を行ってからプレイするようにします。

感マッサージなどの一般的な風俗業界は店舗型となっており、営業時間の縛りがあります。
店舗型の風俗店が閉まる時間帯に出勤することによって、ソープランドや性感マッサージなどの風俗サービスを利用できなかった男性客を掴むことが出来ます。

また、深い時間帯になればなるほど、性的なサービスを受けたい男性客は増えていくので、接客回数も自ずと増えていくものとなっています。

デリヘルの一般的な接客単価は、一人あたりおよそ15,000円となっています。

高収入

デリヘルは短時間で高収入が得られるバイトとなっています。
デリヘルは完全歩合制の日払いシステムとなっています。
接客回数が多ければ多い分、それに伴い収入も増えていきます。逆に接客回数が少なかった場合は、それなりの収入となってしまいます。
接客回数を増やすポイントとしては、まず名前を覚えてもらい、指名を取ることになります。
指名料は、そのまま取り分となって支給されるので、高収入が得られる1つの方法となります。
次に、出勤する時間帯となります。
デリヘルは、店舗を構えていない営業となるので、営業時間も深い時間まで可能なものとなっています。
ソープランドやファッションヘルス、性感マッサージなどの一般的な風俗業界は店舗型となっており、営業時間の縛りがあります。
店舗型の風俗店が閉まる時間帯に出勤することによって、ソープランドや性感マッサージなどの風俗サービスを利用できなかった男性客を掴むことが出来ます。

また、深い時間帯になればなるほど、性的なサービスを受けたい男性客は増えていくので、接客回数も自ずと増えていくものとなっています。

デリヘルの一般的な接客単価は、一人あたりおよそ15,000円となっています。

流れ

デリヘルのバイトで行われる主な接客の流れとしては、まずデリヘルドライバーの車に乗り、男性客が待機する自宅やホテルに向かいます。
男性客が待機する自宅、もしくはホテルについたら、一人で部屋に向かいます。
部屋に着いたら、男性客とプレイ時間、サービス内容などの注文を受けます。
サービス内容が決まったら、デリヘル店舗へ電話をし、部屋に入った報告と男性客が選んだサービス内容を伝えます。
デリヘル店舗へサービス内容を伝えたら、プレイ開始となります。

プレイを始める前に、軽く男性客との会話を楽しみます。軽く会話を交わしたら、お互いシャワーを浴びます。
シャワーを浴び終わったら、イソジンなどのうがい薬で除菌をしていきます。
これらの事前準備が完了したら、プレイ開始となります。
先ほどご紹介したプレイをひと通り行っていき、最終的にフェラチオなどで男性客を射精させます。
プレイが終了したら、最後に再びお互いシャワーを浴びます。
シャワーを浴び終わったら、デリヘル店舗へ電話をし、サービス終了の連絡をします。
外にでると、デリヘルドライバーが待機しているので、その車に乗り込みます。次の接客が待っている場合は、そのまま次の仕事場まで行き、仕事がなければ待機場所にて待機します。